厚みのある洋服でも畳み方ひとつで送料を500円以上節約できる

スポンサーリンク
PayPayフリマ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

節約生活にはフリマアプリは欠かせません

フリマアプリではお得に欲しい物を買ったり、売ったりすることが簡単にできます

そしてフリマアプリで売る時に悩まされるのが送料です

どの配送方法で送るのが一番お得なのかフリマアプリを始めたばかりの時は

わかりませんよね

そしてこの送料は工夫しだいでかなり安くすることができます

今回はフリマアプリで少しでも安く送れるよう『厚みのある洋服を薄く畳んで発送する』方法を紹介します

スポンサーリンク

配送方法の選択で500円以上の送料の差が生まれることもある

フリマアプリではフリマアプリと日本郵便やヤマト運輸と連携している

配送方法があります

この配送方法は追跡や補償、あて名書き不要でかなりお得な配送方法なのです

例えばメルカリと日本郵便が連携しているゆうゆうメルカリ便の

ゆうパケットなら175円で送れるのに対し、ゆうパックなら60サイズが700円になります

実はどちらも3辺合計サイズは60㎝

堆積は変わらないことになります

なのにその送料の差は525円

畳み方を工夫してゆうパケットで送るのがかなりお得になるのです

 

 

厚みのある洋服でも薄く畳む方法

ゆうパケットで発送できるかで送料が抑えられるか決まってくると言っても過言ではありません

多少厚みがある洋服もあきらめず

畳んで一辺34㎝以下、厚み3㎝以下、3辺合計60㎝以下

にしてみましょう

 

ゆうパケットで送るときのトレーナー、スウェット、セーターなどの畳み方

1.洋服全体を広げます

f:id:TUITERUchan:20190710153517j:image

2.ゆうパケットの規定サイズは長辺34㎝厚み3㎝以内で合計60㎝以内なので、60㎝から厚み3㎝を引いた57㎝以内になるように折りたたんでいきます

3.一辺を34㎝ぎりぎりで畳めばもう1辺は23㎝になります。

ここで畳む時のポインですが袖を重ねないようにすることです。

一方の袖を横に伸ばして畳んだら、もう一方の袖を下に伸ばします。

f:id:TUITERUchan:20190710153522j:image

袖が重なるとどうしても厚みがでてしまいます。試行錯誤の結果この畳み方が一番よかったです

4.あとは透明ビニール袋に入れます。その時ビニール端をはさみで2ミリほど切り込みを入れ空気を出しておきます このひと手間でゆうパケットで送れるかきまってきます

f:id:TUITERUchan:20190710153603j:image

5.紙袋かビニール袋に入れていきます。紙袋だと比較的空気が抜けやすいですが、封を閉じる時に少し隙間を開けて空気が出るようにします。

ビニール袋の場合空気穴があるものだと空気穴のところからビニールをつまみ、はさみで切りこみを入れておきます。

f:id:TUITERUchan:20190710153632j:image

空気が入っている状態だと膨らんでしまい、発送する際厚み3㎝を超えてしまします。

しっかり空気を抜いてから郵便局窓口で測ってもらい発送しましょう

こういったサイズがぎりぎりの場合、コンビニなどで発送するとサイズオーバーで返ってくることがあります

必ず郵便局窓口から発送しましょう

宅急便のネコポスでも同じように工夫して送れますがサイズがゆうパケットよりも小さいですし少し値段が高いです。近くに郵便局がないなどを除き、厚みのある洋服はゆうパケットで送ることをおすすめします

フリマスケールを利用する

ゆうパックは3辺の合計をメジャーで測るだけですが、ゆうパケットだと郵便局にある厚さ3㎝が通るようにくり抜いてある定規に通ったものしか送れないようになっています

なのでこの定規を購入しておいて事前に自分で通してみることがおすすめです

この定規はフリマスケールと言ってわたしはメルカリで500円くらいで購入しました

プラスチックやMDFなど簡単に折れないのがおすすめです

フリマスケールで3㎝の厚みがなんとか通れば郵便局でゆうパケットとして

引き受けてもらえる可能性はかなり高いです

圧縮できる洋服なら圧縮してみよう

ほどほどの厚みで圧縮できるものであればゆうパケット用箱に入れて送るのがおすすめです

メルカリが作っており、郵便局やメルカリストア、コンビニなどで購入できます。1枚約70円ほどで購入できます

かなり圧縮が必要なものだと100円均一などでも売っている洋服用圧縮袋を利用してみます

1枚50円~100円ほどしますが、これで送料が500円以上浮くなら安いものです

ネットでもゆうパケット用段ポールを購入することができますよ

メルカリ以外の発送のゆうパケットで利用するのもおすすめです

ただし、洋服を圧縮袋に入れて発送する場合はフリマアプリの商品説明欄か取引メッセージで伝えておきましょう。洋服を圧縮されて送られるのが嫌な方もいます
 
 
 

宅急便コンパクトも試す価値あり!

洋服のデザインや生地により上記の方法で畳めず、ゆうパケットで送れない場合があります

上記の方法で難しいようなら、宅急便コンパクトのボックスタイプで発送できるか試してみてください

ゆうパケットより体積は小さくなり、箱代65円70円かかりますが、宅急便やゆうパックよりお安く発送できます

各フリマプリとヤマト運輸が提携してる宅急便コンパクトでの配送料金

配送方法 宅急便コンパクトボックスタイプ(箱代70円除く)
縦25㎝×横20㎝×厚さ5㎝
メルカリ送料 380円
ラクマ送料 530円
ヤフオク(送料出品者負担)、paypayフリマ 380円
ヤフオク(送料落札者負担) 地域変動

梱包は

とにかく小さくたたんで箱に収まれば大丈夫です

多少盛り上がっていても大丈夫です(ヤマトの営業所で確認してもらうのが安全です)

メルカリならゆうパケットプラスも利用できます

サイズは長さ24㎝、幅17㎝、厚さ7㎝以下 2kg以下です

箱代は65円で送料は375円で宅急便コンパクトよりも送料、箱代共に

5円お安いです

厚みのある洋服は重さ500gが目安

上記の方法を利用してみてもダメな場合は

レターパックプラス520円を試してみてください

郵便局で申し出たらサイズ確認のためのレターパックを貸してくれます

重さが500gより軽い場合は厚みがあっても定形外郵便もリーズナブルです

ただし定形外郵便だと補償などがないので注意してくださいね

補償付きの配送方法がよければ

フリマアプリと配送業者が提携しているゆうパックや宅急便での配送方法だと補償や追跡も充実しており、おすすめです

人気のフリマアプリ、メルカリ、ラクマ、paypayフリマの送料はこちらから確認できます

 
 

まとめ

今回は畳み方ひとつで洋服の送料を安く抑える方法を紹介しました

ちょっと工夫するだけで送料が安くなるので是非お試しくださいね

メルカリ、ラクマ、paypayフリマ3社とヤフオクの配送業者と提携しているお得な

ゆうパケット、ゆうパック、宅急便、宅急便コンパクトの料金をまとめたものになります

配送方法 ゆうパケット ゆうパック、宅急便60サイズ 宅急便コンパクトボックスタイプ(箱代70円除く)
3辺合計60㎝以内(長辺34㎝厚さ3㎝以内) 縦横高さの合計が60㎝以内 縦25㎝×横20㎝×厚さ5㎝
メルカリ送料 200円 700円 380円
ラクマ送料 179円 800円 530円
ヤフオク(送料出品者負担) paypayフリマ 175円 700円 380円
ヤフオク(送料落札者負担) 225円 地域変動 地域変動

ヤフオク(送料落札者負担)の場合のみゆうパック、宅急便、宅急便コンパクトの料金が配送地域により変動します

他は全国一律料金です

畳み方を工夫してまずはゆうパケットで試して、だめなら宅急便コンパクト、それでもだめならゆうパックか宅急便で送るのをおすすめします

最後までごらんいただきありがとうございました

 

コメント