PayPayフリマでの出品禁止商品

スポンサーリンク
PayPayフリマ

こんにちは!節約大好き ついてるちゃんです

節約生活にはフリマアプリが欠かせません!

フリマアプリでは意外と見落とされがちですが、禁止行為や出品禁止商品などがあります

このルールを守らないと利用停止になってしまうこともありますので注意が必要です

今回は2019年10月からはじまった、PayPayフリマの出品禁止商品について

見落としがちなものを中心にまとめてみました

paypayフリマガイドライン細則と共にチェックしてみてくださいね

スポンサーリンク

医薬品や化粧品は出品できないものが多いので注意

薬など医薬品はもちろん、コンタクトレンズなども出品禁止商品です

また自ら輸入した医薬機器や個人で製造した医薬機器も出品禁止です

化粧品も個人が製造したものや、既製品を小分けにして販売することも禁止です

また個人で輸入した化粧品も出品できません

医薬品や医療機器はガイドラインをみても出品できるか分かりにくいので出品しない方が無難です

食品は賞味期限が短いものは販売できない

食品は賞味期限が近いものや賞味期限が切れたものは出品できません

また賞味期限前であっても、一度開封したものは出品できません

個人で作ったもので、販売にあたり法令上必要な要件をみたしていないもの

例えば、個人で作ったお菓子などの加工品も要件を満たしていないと出品できません

この要件とは菓子製造の営業許可などです

この菓子製造の許可は自宅とは別のキッチンを用意するなど許可を取るのは大変そうです

象牙や卵、種子も出品禁止

生体は出品できないと明らかに分かりますが、見落としがちなのが卵や種子も出品禁止なことです

たとえば熱帯魚の稚魚の餌となるブラインシュリンプの卵などは一見すると出品できそうですが、生体の卵なので出品できません

他にも見落とされがちなのは、絶滅危惧種の加工品です

象牙も出品禁止商品になります

実際絶滅危惧種のはく製などをフリマアプリで出品して警察に捕まっている人もいますので注意してください

気になるものは環境省のHPでチェックしてから出品してみてください

ブランド品の出品は細心の注意を払う

ブランド品を販売する場合はかならず、シリアルナンバーやレシートなど本物と保証ができるものを用意しましょう

保障できるものがない場合は、出品しない方が無難です

万が一偽物だった場合は知らなかったでは済まされません

他にもブランド品のロゴが書かれたパロディー商品なども権利侵害にあたる商品として販売できません

特にキャラクターの生地で作ったハンドメイド品や

キャラクターに似せて作ったハンドメイド品も権利侵害にあたる場合があります

PSマークが必要なものに気を付ける

チャイルドベッドやチャイルドシート、ヘルメット、などPSマークが必要なものは多岐にわたります

PSマークが必要となる商品の一部です

  • 乳児用ベッド
  • 携帯用レーザー対応装置(レーザーポインター等)
  • 浴室用温水循環器
  • ライター
  • 家庭用圧力なべ
  • 乗車用ヘルメット
  • 登山用ロープ
  • 石油給湯器
  • 石油ストーブ
  • ガスコンロ
  • コンセント
  • 電気マッサージ機
  • 差し込みプラグ
  • 扇風機
  • 電気スタンド
  • 電気アイロン
  • モバイルバッテリー

使用する際安全性が必要だなと思うものは、PSマークが必要なものか

経済産業省のHPでチェックしてみることをおすすめします

金券やチケット類の出品は慎重に!

宝くじや勝馬投票券、toto、は出品できません

金券と言えば商品券などを思い浮かべますが、切手切符などもお金に換金できますので金券扱いとなります

ほかにも転売目的でのチケットの販売は禁止です

チケットをフリマアプリで売るのはかなり厳しくなっています

記名済みの航空券など、とにかくチケットに自分の名前が記載されているようなものは

転売目的ではなくても売ってはいけません

学生服は出品できない、下着類にも注意が必要

子どもの制服体操服などサイズアウトしたものは売ってしまいたくなりますが、出品禁止商品です

ほかにも使用済みの下着類など衛生面で問題がありそうなものも出品できません

なかなか判断が難しいですが、使用済みのブラトップなども出品できません

カップが付いたものは下着扱いになるようです

ただしウェディングやマタニティー用のインナウェア(下着)、水着はクリーニング済みでかつ、クリーニング済みである旨を商品説明欄に記載すれば出品は可能です

スマートフォンの出品には注意が必要

スマートフォンや携帯電話の出品は注意が必要です

  • 利用制限がかかった携帯電話
  • 利用制限がかかるおそれがある携帯電話
  • 契約中の携帯電話、端末購入時の割賦金を完済していない携帯電話

これらの携帯電話やスマートフォンは出品禁止です

出品する際は工場出荷状態に初期化して出品する必要があります

まとめ

出品禁止商品って結構ありますよね

フリマアプリで売るのは洋服が多いと思いますが

高級ブランドやパロディー品ではない

アウターやボトムなどの衣類を売る場合はほとんど、この禁止商品には入ってこないので大丈夫です

しかし

フリマアプリをはじめて少し慣れて洋服以外の商品を出品する時に

この出品禁止商品を誤って出品してしまうことがあります

故意でなくても出品禁止商品を出品してしまうことはガイドラインに違反したことになり

処分をうけてしまうことがあります

最悪paypayフリマを利用できなくなったり、警察のお世話になってしまう可能性もあります

購入することも違反ですので、出品禁止商品は出品しない!買わないようにしましょう

 

 

paypayフリマを利用するにはpaypayを登録しておくと

とっても便利ですよ!

paypayの登録がお済みでない方は是非登録してみてくださいね

iosの方はこちら↓

Androidの方はこちら↓

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント