【メルカリ】おすすめの出品方法について解説!

スポンサーリンク
フリマアプリ

 こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

現在、メルカリ、ラクマ、paypayフリマの取引が1500件を超えました

売れるものが見つかってもフリマアプリの出品作業って難しそうに感じますよね

コツをつかめば出品までの作業はとっても簡単です

メルカリではメルカリガイドというものがあり、出品についてもかなり詳しく紹介されています

403 Forbidden

今回はわたしが何度も出品してきて実感した一番簡単で分かりやすい出品方法を紹介します

スポンサーリンク

出品写真はいろいろな角度からたくさん撮る

写真をとっていきます

メルカリのホーム画面の右下の赤いカメラマークがでますのでそちらをタップします

写真を撮るをタップして出品する写真を撮っていきます

写真は最大10枚撮れますのでいろいろな角度から分かりやすく撮っていきます

洋服であればブランドタグやお洗濯タグは必ず撮りましょう

不良箇所はあいまいにせずにしっかり写真に載せることをおすすめします

写真がうまく撮れないと感じる場合はこちらの記事も参考にしみてください

売れやすく撮るポイントは品物が大切に扱われている感じを出すことです

出品商品の下に布などを敷いてその上で写真を撮るのがおすすめです

洋服はハンガーにかけて出品するのもいいですが、個人的には平置きで撮った方が分かりやすくきれいに見える気がします

 

商品名は簡潔に!商品説明は詳しく記載する

商品名と商品説明を記入していきます。

商品名は完結に分かりやすく記入します

ブランド名+Tシャツなどと記入していきます

続いて商品説明をしていきます。

この3点は必ず入力しておいたほうがよい項目です

  • サイズ
  • 商品の状態

とくに洋服のサイズは記載されている以外にも自分で着丈や身幅、肩幅、袖丈など詳しく記載した方がすぐに売れることがあります

洋服や小物のサイズの測り方に悩んだらこちらの記事を参考にしてみてくださいね

洋服のサイズ表記で悩んだらこちらの記事もチェックしてみてください

また写真では表現しにくい色味なども記載しましょう!

写真通りに色が出せたら何枚目の写真の色が近いと記載します

また写真と実際の色が違う場合は写真よりもう少し濃いめの色などと詳しく記載しましょう

この色の違いでクレームになる場合がありますので写真と実物の色が違う時はしっかり説明するのがおすすめです

破れや破損、使用感などは写真でしっかり撮っておくのが一番ですが、写真でうまく表現できない場合はしっかり説明しましょう

商品説明のテンプレートを使うのもおすすめ

商品名と説明の横にある テンプレートを使う から例文を選択して商品説明に利用することができます

商品説明に何を記載したらいいか悩む場合は利用してみることをおすすめします

また自分でテンプレートを作って登録することもできます

自分で作ったテンプレートを商品説明に載せてサイズなどを変更するだけでいいので、出品作業の負担が軽減されます

バーコード出品で時短になる!

特定のカテゴリー

  • 本・音楽・ゲームソフト
  • コスメ・香水・美容
  • 家電・カメラ

これらのカテゴリーではバーコードを読み取って情報を自動入力することもできます

バーコードで読み取ると商品についての情報が商品説明欄に記載されるので、自分で入力する必要がなくなります

かなり詳しい商品説明が出るのでこれらのカテゴリーでバーコードがある場合はバーコード出品をすすめします

時短になり出品作業の負担がかなり軽減されます

カテゴリーは探しにくい!?商品の状態は厳しめに!

次にカテゴリーと商品の状態を入力していきます

●カテゴリー

カテゴリー大きく13カテゴリーありその中で細かく分かれており、商品によってはさがしにくいことがあります

商品名や商品の特徴を商品説明欄に記載しておけばそこまで気にしなくて大丈夫です

●サイズ

カテゴリーの際に洋服などを設定した場合サイズ表記が必要になります。洋服に記載してあるサイズを選択します

記載がない場合は商品説明欄に記載がないことをを記載し自分で測り、大体のサイズを選択します

洋服や小物のサイズの測り方に悩んだらこちらの記事を参考にしてみてくださいね

洋服のサイズ表記で悩んだらこちらの記事もチェックしてみてください

●商品の特徴

商品の特徴の選択は任意ですが よく検索される項目を選択することで、閲覧されやすくなります

選択した項目が商品説明に記載されます

●ブランド

商品に記載してあるブランドを選択します。検索してもでてこない場合は選択なしにしておきます

●商品の状態

この項目はすべてのカテゴリーにあり必ず入力しなければなりません。

  • 新品、未使用
  • 未使用に近い
  • 目立った傷汚れなし
  • やや傷や汚れあり
  • 傷や汚れあり
  • 全体的に状態が悪い

6項目あります

目立った傷汚れなしなのか、やや傷汚れなのか主観によることが多く悩みます

私は少しでも傷汚れがある場合はあまり目立たなくてもやや傷汚れありにしています

その方が後々トラブルになりにくいからです

配送はメルカリ便がおすすめ!

●配送料の負担

送料込み(出品者負担)or着払い(購入者負担)を選ぶことができます。メルカリでは送料込みの方が売れやすいので、悩む場合は送料込みにしましょう

※ただし送料込にする場合は販売価格を送料分を上乗せして決めないといけませんので注意が必要です

●配送の方法

  • らくらくメルカリ便
  • ゆうゆうメルカリ便
  • 梱包・発送たのメル便
  • 未定
  • ゆうメール
  • レターパック
  • 普通郵便(定形・定形外)
  • クロネコヤマト
  • ゆうパック
  • クリックポスト
  • ゆうパケット

の中から選べます

おすすめはメルカリ便です

メルカリでの発送のほとんどがメルカリ便で行っています

匿名配送ができたり、あて名書きが不要だったりと発送作業が楽なのと補償も手厚いのでおすすめです

メルカリ便についてはこちらの記事をチェックしてみてくださいね

どの配送方法にするか決めかねる時は未定を選択しておきましょう

売れた後で配送方法を決めることもできます

  • 匿名配送を希望する場合はここでメルカリ便を選択しないといけません。未定のまま売れた後にメルカリ便を選択しても匿名配送されないので注意してください。電話番号などが記載された送り状で発送されます

 

●発送元の地域

発送する自宅の住所の都道府県を選択します

●発送までの日数

  • 1〜2日
  • 2〜3日
  • 4〜7日

この3つから選べます。

やはり即配送の1~2日が売れやすいですが毎日忙しく配送手配が週末しかできない方は4~7日を選択するのをおすすめします

よくわからない場合は2~3日を選択するのをおすすめします

販売価格をつける時は慎重に!

続いて販売価格を入力していきます

販売価格をつける時は相場をメルカリ内で検索するのがおすすめです

メルカリ内で同じ商品がない場合はAmazonなどネットショップでの価格をみてみましょう

おすすめはやや高めにつけて徐々に値下げしていくことです

相場を確認せずかなり安い値段で出品してしまい、損してしまうことが多々ありました

利益を狙うならしっかりリサーチしてから出品することをおすすめします

販売価格は300円~9.999.999円まで入力できます。送料込にしている場合は送料分も考えて金額をつけます

ここに価格を入力すると下記の販売手数料(販売価格の10%)と販売価格から手数料を引いた販売利益が出ますのでそちらも参考にしながら価格をつけていきます

※価格を付け間違えて売れてしまうと利益がなかったり最悪は送料を多く払わないといけなくなる可能性がありますので注意しましょう

送料を安くできるかで販売利益が変わってきます

こちらの記事では洋服の送料を安くする方法を紹介しています

よかったら参考にしてみてくださいね

メルカリでよく利用する送料についてはこちらの記事をチェックしてみてくださいね

販売価格を入力できたら下記の出品をするをタッチして出品終了です

お疲れ様でした!

まとめ

出品は慣れれば簡単にできて、1商品あたりしっかり説明記載しても5分もかからずできます

本などのバーコード出品だと商品説明も自動ででるので1商品あたり10秒くらいでできます

是非出品してメルカリを楽しんでみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント