paypayフリマでの値段のつけ方

スポンサーリンク
PayPayフリマ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

節約にはフリマアプリはかかせません

しかしフリマアプリで値段をつけていくのって

結構悩みますよね

今回はそんなpaypayフリマでの値段のつけ方について紹介します

スポンサーリンク

検索して売れている商品を見つけて値段をつける

価格を決定する方法で

一番簡単なのは検索してすでに売れている商品の検索をすることです

検索方法は

自分が売りたいものがユニクロのパンツだとしたら

「ユニクロ パンツ」 

と検索して探します

さらに色やパンツの形などを細かく入力していくと

自分が出品したい形と同じものが出てくる可能性があります

例えば検索で

「ユニクロ ガウチョパンツ ベージュ」

など入力します

もし同じ商品がない場合は同じような形のものがでてきたら大丈夫です

そのあとは

「絞り込み」をタッチして販売の状況をタッチして「売り切れ」を選択して絞り込むボタンをタッチします

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-40.png です

自分の商品と似た商品の価格を参考にして、自分も価格をつけてみます

ただしpaypayフリマでは注意点があります

それは

  • 売れたら10%の販売手数料がかかる
  • 送料込みで価格をつけないといけない
  • 売れた後に配送方法を変更できない

ことです

すでに売れている商品の価格を参考にしてもよいのですが、出品者が送料の計算を間違えて出品していないかは注意しましょう

検索順でいいね順に並び替えて価格をつける

検索順で いいね の順に並び替えて 価格をつける方法もおすすめです

販売中のみを選択して「新しい順」をタッチして「いいね」順に変更して、

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-41.png です

いいねがたくさんついている商品を参考にしてその価格よりも少し安い価格をつけることです。

いいねの数が多い商品は注目されている商品です

いいねをつけたユーザーの多くが ほしいけど価格が高いから買うのを悩んでい可能性が高いからです

いいねの数が多い商品より少し安い価格をつけて出品するとすぐに売れることもあります

販売手数料5%を計算しておく

paypayフリマは出品するには手数料はかかりませんが

売れた時だけ5%(2021年1月20より販売手数料が10%から5%に変更)の販売手数料がかかります

なのでこの10%を引いてさらに送料を計算した価格をつける必要があります

現在はキャンペーン中で2020年3月31日まで

この販売手数料が業界最安値の3%になっていますよ

くわしくはこちらをごらんくださいね

paypayフリマでは送料込みで価格をつける

paypayフリマでは送料込みで値段をつける必要があります

メルカリやラクマのように着払い設定ができないので注意が必要です

この送料の計算を間違えてしまうとかなり損をしてしまう可能性があります

paypayフリマでは販売価格より送料が高くなった場合差額の送料は販売者が負担することになるからです

こちらの送料表を参考にしてみてくださいね

配送方法 料金 サイズ 重さ
ヤフネコ!パック ネコポス 195円 縦31.2㎝×横22.8㎝ 厚さ2.5㎝以内 ~1㎏
宅急便コンパクト    封筒型 380円+箱代70円 縦24.8㎝×横34㎝ 上限なし
宅急便コンパクト    箱型 380円+箱代70円 縦25㎝×横20㎝×厚さ5㎝ 上限なし
宅急便  60サイズ

700円

縦横高さの合計が60㎝以内 2㎏以内
       80サイズ 800円 縦横高さの合計が80㎝以内 5㎏以内
      100サイズ 1000円 縦横高さの合計が100㎝以内 10㎏以内
      120サイズ 1100円 縦横高さの合計が120㎝以内 15㎏以内
      140サイズ 1300円 縦横高さの合計が140㎝以内 20㎏以内
      160サイズ 1600円 縦横高さの合計が160㎝以内 25㎏以内
ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版) ゆうパケット 175円 3辺合計60㎝以内(長辺34㎝厚さ3㎝以内) 1㎏以内
ゆうパック 60サイズ 700円 縦横高さの合計が60㎝以内 一律25㎏以内
       80サイズ 800円 縦横高さの合計が80㎝以内
      100サイズ

1000円

縦横高さの合計が100㎝以内
      120サイズ 1100円 縦横高さの合計が120㎝以内
      140サイズ 1300円 縦横高さの合計が140㎝以内
      160サイズ 1600円 縦横高さの合計が160㎝以内
      170サイズ 1800円 縦横高さの合計が170㎝以内

送料計算をして売れやすい価格をつけよう

おすすめの配送方法は送料が安く、サイズも大きいゆうパケットです

同じ3辺合計60㎝サイズであっても

厚み3㎝と一辺の長さが34㎝以内であれば

ゆうパケット175円で配送できます

これ以外は60サイズであってもゆうパック700円になってしまします

厚み3㎝と一辺の長さが34㎝以内で3辺合計60㎝以内という条件がクリアできれば

ゆうパケットで配送するとゆうパックに比べ525円の送料の節約になります

しかしこのサイズがぎりぎりだと郵便局で受け付けてもらえなったり

コンビニで発送すると発送した商品が返ってくる場合があります

なので

フリマスケールを購入しておくことを強くおすすめします

フリマスケールでは厚みを測ることができます

このスケールは1㎝と2.5㎝、3㎝の厚みを測ることができます

郵便局などではかならず、スケールで商品を通し、厚みを確認します

郵便局のスケールに商品が通らないと受け付けてもらえません

厚みがギリギリのものは軽く梱包して

事前にこのフリマスケールで通せるか確認しておきましょう

ゆうパケットで配送できることが確認できれば

販売価格を安くつけることができるので、売れやすくなります

「フリマスケール」で検索するとpaypayフリマでも格安で売っていますよ

売れた後に配送方法を変更できない

paypayフリマでの注意点は売れた後に配送方法を変更できないことです

配送方法の選択は

  • ヤフネコ!パック
  • ゆうパケット・ゆうパック(おてがる版)

どちらかしか選択できませんが

売れた後にヤフネコ!パックから

ゆうパケット・ゆうパック(おてがる版)の変更

この逆の変更もできません

選べるサイズが若干違っているのがかなり注意が必要です

特にネコポスとゆうパケットのサイズの違いは注意してください

またヤフネコ!パックのみお手頃な宅急便コンパクトが選択できます

【ヤフネコ!パック】

配送方法 料金 サイズ
ヤフネコ!パック ネコポス 195円 縦31.2㎝×横22.8㎝ 厚さ2.5㎝以内
宅急便コンパクト    封筒型 380円+箱代70円 縦24.8㎝×横34㎝
宅急便コンパクト    箱型 縦25㎝×横20㎝×厚さ5㎝
宅急便   60サイズ~160サイズ700円~1600円 60サイズ~160サイズ

【ゆうパケット・ゆうパック(おてがる版)】

配送方法 料金 サイズ
ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版) ゆうパケット 175円 3辺合計60㎝以内(長辺34㎝厚さ3㎝以内)
ゆうパック  60サイズ~170サイズ700円~1800円 60サイズ~170サイズ

まとめ

今回はpaypayフリマでの価格のつけ方と注意点についてまとめてみました

どのフリマアプリでも言えますが

送料を安く抑えるにはゆうパケットで配送できるかにかかっており

このゆうパケットで配送できれば価格を安くつけることができ、結果

売れやすくなります

ただしpaypayフリマのゆうパケットは補償がありませんので注意してくださいね

 
 
 

paypayフリマを利用するにはpaypayを登録しておくと

とっても便利ですよ!

paypayの登録がお済みでない方は是非登録してみてくださいね

iosの方はこちら↓

Androidの方はこちら↓

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント