失敗しない!新幹線切符のお得な買い方使い方

スポンサーリンク
スマホ決済

こんにちは!

節約大好きついてるちゃんです

少しでも旅費を節約したいですよね

最近は格安航空券や宿と交通費がセットになったパックで

お得に旅行が楽しめますが

帰省や友人宅に泊まるなどの旅行では

やっぱり新幹線の移動が便利!

でも新幹線は高い!

今回はそんな新幹線切符が少しでもお得に買える情報や

新幹線切符で気になる情報をまとめてみました 

スポンサーリンク

新幹線について

今更ながらですが一応新幹線について簡単に

まとめます

【最低限必要なチケット】

新幹線に乗るには

乗車券と特急券が必要となります

目的地までの乗車券は必ず必要ですが

特急券は新幹線に乗る区間のみ必要となります

※追加料金を払えば、指定席やグリーン車に乗ることもできます

【新幹線の切符が買えるところ】

  • JRの窓口
  • みどりの窓口
  • 自動券売機
  • 旅行代理店
  • インターネット

慣れてないのでわたしはいつもみどりの窓口で買いますが、

主要駅では激混みなのでみどりの窓口で購入したい場合は主要駅から外れた駅で購入するのがおすすめです

片道601km以上は往復割引適用

往復乗車券を購入する際に

片道が601km以上であると往復割引が適用され

1割引で乗車券切符を購入することができます

 

例えば

博多から東京へ行く場合、帰りは熱海から帰るとしても

この1割引を使った方がお得になるので

帰りを熱海からではなく

東京からにして往復乗車券を購入するのです

東京から途中下車をしながら

横浜や鎌倉などを観光して熱海にいくこともでき、

かなりお得に観光できます

途中下車できるチケット

片道101Km以上の移動距離がある場合の乗車券は

途中下車できます

券面に記載されている有効日数の間

後戻りをしない限り途中下車が何回でもできます

例えば東京から大阪間だとしたら

東京から名古屋で一泊して次の日に大阪へ遊びに行くというような

遠方の旅行地を巡ることも可能になります

有効期限は200Kmごとに1日追加されていきます

○○市内まで切符はお得に使える

切符の行先に○○市内→○○

○○→○○市内とかいてあることがありますよね

それってそこの市内のJR路線なら

どこで乗っても降りても

その料金でいけるということになります

大阪であれば新大阪から

大阪駅はもちろん大阪環状線に乗って天王寺や

ゆめ咲線に乗って

ユニバーサルスタジオジャパンにも行けちゃいますよ

駅の看板についているマークが参考になります

大阪なら

マークが駅名の看板についています

切符には 大阪市内と記載されています

横浜なら 横浜市内と記載があります

指定席は価格変動する!新幹線に乗ってからも買える

新幹線の指定席特急券は閑散期や繁忙期などにより

価格が変動します

時期や区間により自由席特急券より

320円~1340円の差額が発生すると考えるとよいです

繁忙期では自由席は座れないことが多いです

どうしても座りたい場合は指定席を購入する必要がありますが

時間が決まってない場合は指定席は購入せずに

新幹線に乗った後から、新幹線内で指定席を購入することができます

しかしながら繁忙期では指定席が空いてないことも多いので

予定が決まれば早めに指定席をとっておくことをおすすめします

1回のみ手数料なしで乗車券、特急券変更できる

定期券、回数券、トクトクきっぷ以外の

前売り乗車券特急券は

使用開始前、有効期間内であれば

1回に限って同じ種類の切符に手数料なしで変更できます

しかし変更が2回目になる場合は、駅や旅行会社で払い戻して

新たに切符を買いかえるようになります

払い戻しは、駅や旅行センター、旅行会社でできます

普通乗車券や特急券などは

使用開始前(前売りの乗車券類は有効期間の開始日前も可能)

で有効期間内であれば220円で払い戻しできます(2021年10月確認)

クレジットカードで支払いした場合

必ずクレジットカード払いの控えとその時利用した

クレジットカードが必要となります

新幹線のお得な支払い方法はクレジットカード払い

新幹線の支払い方法は

  • えきねっとで申込時支払う(クレジットカード)
  • コンビニ払い(現金のみ)
  • 金融機関で支払う(ATM・ネットバンク)
  • 駅で支払う(クレジットカード・現金)

などがあります

paypayはキャンペーンなどで還元率が高い時がありますが

残念ながら切符単体での購入時にpaypay支払いはできないようです(2022年1月確認)

詳しくはJRえきねっとのHPをご確認くださいね

お支払い方法|JRきっぷ ご利用ガイド:えきねっと(JR東日本)
えきねっと「JRきっぷ申込」でお申込みのきっぷのお支払方法のご案内。クレジットカードの他、コンビニ、金融機関、駅でお支払いが可能です。

クレジットカードやペイペイキャンペーン時にお得に買う

新幹線のチケットは 1ヶ月前から購入できます

  • JRの窓口
  • みどりの窓口
  • 自動券売機
  • 旅行代理店
  • インターネット

それぞれでクレジットカードをつかって支払いが可能です

タイミングによってはクレジットカードのキャンペーンでお得に買える場合もあります

終了してしまいましたが

イオンカードのキャンペーンはかなりお得でした

旅行代理店は タビックスとHISのみペイペイ支払いが可能です
新幹線チケット単体ではペイペイは利用できません
ホテルなどとセットになったプランならペイペイで支払いも可能です
ペイペイの還元は通常0.5%~1.5%(利用状況により変動)ですがキャンペーンによって20%前後の還元率(上限あり)になる場合もあります
キャンペーン時期によいプランが見つかればタビックスやHISで購入するとお得です

駅の近くの金券ショップで買う

駅の近くには金券ショップがある場合が多いです

新幹線チケットが1割引ほどで買える場合があります

電車1駅分の切符も1割引ほどで購入できる場合もあります

旅行日が決まったら、チケットがあるかチェックしてみましょう

JRトクトクきっぷがお得

JRおでかけネットの

とくとくきっぷのページから

出発地と到着地を入力すると

お得な切符が紹介されます

こだまスーパー早特きっぷなら新大阪から博多なら

5000円~6000円ほど安く行けます

トクトクきっぷ:JRおでかけネット
トクトクきっぷとは、特別なご利用条件(区間、列車や利用期間など)を定めて発売する普通乗車券、回数乗車券、急行券、特別車両券、寝台券、コンパートメント券および座席指定券のことです。

まとめ

新幹線利用の旅行の時に

すこしでもお得に新幹線を利用してみましょう

  • 601km以上は往復割引適用されるので、帰りの出発地が違っても往復切符を買う方が得な場合がある
  • 1回のみ乗車券、特急券の変更は可能。2回目以降は手数料220円かかる。(乗車前、有効期限内のみ)
  • 101km以上の乗車券は有効期限内であれば(戻らない限り)、途中下車は何回でもできる
  • クレジット払いやペイペイのキャンペーンや金券ショップ、JRとくとくきっぷも要チェック

最後までごらんいただきありがとうございました

コメント