フリマアプリで出品する洋服はクリーニング出した方が良い?

スポンサーリンク
フリマアプリ

こんにちは!

節約大好き ついてるちゃん です 

節約生活に欠かせない フリマアプリですが

現在はメルカリとラクマ、paypayフリマで出品しています

そんなフリマアプリで

ドライクリーニングしかできない洋服を出品する際

クリーニングしてから出品するかどうか悩みますよね。

ホームクリーニングできる 手洗いマークがついているものは 市販の手洗い洗剤

「エマール」や「アクロン」などで洗濯すればよいですが、

手洗いできない ドライクリーニングマークの洋服はどうすればよいか悩むところです

今回は ドライクリーニングマークの洋服を フリマアプリで出品する際に

クリーニングに出してから出品した方がよいのかまとめてみます

スポンサーリンク

クリーニングに出さなくても売れる

ドライクリーニングしかできない洋服はできれば、クリーニングに出して

出品したいですよね

しかしクリーニング代って結構高いです

高級なブランド品の洋服でない限り、クリーニングに出すと、売上げがマイナス

なってしまうことが多いです

わたしの経験上、基本的にドライクリーニングの洋服は、

クリーニングに出さずにそのまま出品しても売れます

ドライクリーニングの商品をクリーニングせずに出品する場合は

出品画面では、写真に洗濯タグを載せて

商品説明には、クリーニングについて触れずに出品します

クリーニングの状態が気になる方はコメントで質問してきますので、

その時にクリーニングをしていないことを伝えれば大丈夫です。

クリーニングに出さずに、セーターやワンピース、コートなど結構な数を売りましたが、

クリーニングについての質問コメントは一度もなかったです。

またクリーニングについて商品到着後にトラブルになることもなかったので、

クリーニングについて気にせず、出品してみてください。

購入者からよく質問を受けるのは

毛玉やシミがあるかどうかの 商品の状態 や 着用期間です。

もしクリーニング済みの商品であるなら

商品説明欄にしっかりとクリーニング済みと記載しておくと、売れやすくはなると思います

ドライクリーニング表記がある洋服

ドライクリーニングマークがついている洋服はいろいろありますが

カシミヤやウール、レーヨン、キュプラ、特殊な加工がされている生地はドライクリーニングマークがついていることが多いです

ドライクリーニングマークがついており、手洗いができない洋服でも

ポリエステルアクリルの生地は洗濯しても縮まない場合が多いです

ウールも100%ではないものは洗濯しても縮まないことが多かったです

ウール100%の洋服は手洗いしない方がよい

ウール100%のものは手洗いしない方よいです

手洗いして何度かセーターを縮ましてしまいました

得にちょっとお高めのしっかりしたウールのセーターは縮みやすいです

カシミヤは手洗いしない方がよい

カシミヤが50%ほど入ったマフラーを手洗いしましたが、やはりしわしわになってしましました

軽く脱水かけてアイロンで伸ばしたらなんとか使えるまでに行きましたが

やはり手洗いしてはいけない生地ですね

フリマアプリでカシミヤのマフラーをホームクリーニングして出品している方がいますが

どれもしわしわで売れにくくなっています

フリマアプリで必ずクリーニングが必要なもの!

フリマアプリでは使用済みの下着は出品禁止ですが

ブライダルの下着はクリーニング済みであれば出品できます

その場合は必ずクリーニングにだして、きちんとクリーニングタグをつけて出品してくださいね

まとめ

フリマアプリで洋服を出品する際、ドライクリーニングしかできない洋服は

できればクリーニングに出した方が多少売れやすくなりますが、

売り上げがマイナスになる場合はクリーニングに出さずに出品して大丈夫です

アクリルやナイロン製の洋服は手洗いしても大丈夫な場合が多いです

ウール100%のものは高確率で縮み、

カシミヤは100%ではなくてもシワになりやすい

のでこういった天然素材の洋服は洗わずに、出品してみましょう

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント