【便利!】ラクマの購入申請で売れる機会が増える?

スポンサーリンク
ラクマ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

節約生活にフリマアプリは欠かせません

そんなフリマアプリですが

現在メルカリ、ラクマ、paypayフリマをよく利用しています

今回はその中でもラクマの「購入申請」機能がとっても便利なので

紹介しますね

スポンサーリンク

ラクマの購入申請とは?

「購入申請」とは、購入者が出品者に対して購入の意思表示をする機能です

ラクマでの出品画面で購入申請 「あり」に設定して出品すると

購入者はすぐに購入することができません

購入したい場合は購入申請をして、出品者が承認しなければ、取引を開始することができません

購入申請「なし」に設定すれば出品画面に「すぐに購入可」と出て、購入申請不要ですぐに購入することができます

出品者側の購入申請のメリット

購入申請のメリットは出品者と購入者どちらにもあります

出品者のメリット

  • 購入者を選ぶことができる
  • 購入される前に商品のチェックができる
  • 他のフリマアプリで出品することができる

【購入者を選ぶことができる】

フリマアプリでは購入してもなかなか支払いをしてくれない人

や嫌がらせをする人もいます

そういったマナーの悪いユーザーは取引の最後に評価をしますが

この評価が「悪い」とつけられていることがあります

購入申請すると申請した購入希望者の出品ページから

この評価をチェックすることができます

この評価が悪い場合は申請を受けないという選択が

購入申請を「あり」に設定することでできます

他のメルカリなどのフリマアプリでは購入前に必ずコメントください

とプロフィール欄に書いているユーザーもいます

購入申請があればコメントする必要もなくスムーズに取引できますね

【購入される前に商品のチェックができる】

フリマアプリは手軽に出品できる分、いつの間にか出品したことを忘れて

売れてしまったけど商品をどこに保管していたかわからなくなる場合がありますよね

他にも商品が劣化していたり、商品情報に記載忘れの不備などがある場合もあります

購入申請を「あり」に設定しておくと

商品が購入される前に商品を再度チェックすることができるので、売れた後に

どこに保管したかわからなくなったり、商品が劣化していたりして

大慌てしなくて済みます

【他のフリマアプリで同時に出品することができる】

購入申請を「あり」にしていれば

他のフリマアプリでも出品できるので売れる機会が増えます

在庫がない商品の出品は禁止なので

他のフリマアプリで売れたらすぐに出品を停止したり、

ラクマで購入申請がきたら他のフリマアプリで出品しているものを停止して

購入申請を受け付ければ問題なく利用できますよ

無在庫販売は禁止なので売れたら、仕入れて転売するような利用の仕方はしないようにしましょう

購入者側の購入申請メリット

購入者側の購入申請のメリットは評価が良いマナーが良い人が

選ばれて購入することができることです

フリマアプリは早い物勝ちなので早く見つけて手続きした人が購入できるのですが

この購入申請があることで、人気のある商品で争奪戦になっても

評価が高い人が取引の権利を得ることができる可能性があるというメリットがあります

購入申請のデメリット

購入申請を利用するデメリットはすぐに購入できないので

売れにくくなる場合があることです

購入者は出品者に購入申請を承認してもらわないと

購入手続きができないのでやはりすぐに購入できる商品を選びがちです

また購入者も申請を承認してもらえないと気分が悪いですよね

 

購入申請の注意点

購入申請の注意点は

  • 購入申請の承認には期限があるので、その期限までに承認しないと、購入申請はリセットされる
  • 購入申請を承認すると商品の編集はできなくなる
  • 申請を承認しても購入者が購入手続きをしてくれないと取引が進まない

購入申請を承認しても購入者が手続きしてくれず、取引がキャンセルになることがあります

購入申請を承認した日から翌々日23:59までに支払いが行われないと自動的にキャンセルになり、出品中の状態に戻ります

まとめ

今回はラクマでの「購入申請」についてまとめてみました

ラクマの購入申請はかなり便利で使いやすいです

購入申請があることで

評価が悪い人と取引を避けたり

出品商品を売れる前に再チェックすることができるので

フリマアプリをするのが不安だなという方にはほんとに便利な機能ですよ

 

是非利用してみてくださいね

最後までご覧いただきありがとうございました

 

コメント