paypayフリマで価格をつける時に注意すること!

スポンサーリンク
PayPayフリマ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

節約生活にフリマアプリは欠かせません

現在メルカリ、ラクマ、paypayフリマを利用しています

よく似ていますがこれらのフリマアプリにはそれぞれ若干違いがあります

こちらで是非チェックしてみてくださいね

 
今回は人気フリマアプリ3社の一つ
paypayフリマで価格をつける際に注意するポイントを紹介します
スポンサーリンク

paypayフリマの特徴

その他のpaypayフリマの特徴は

などがあります

これらの特徴を踏まえて価格つける必要があるのです

販売手数料5%を想定して価格をつける

paypayフリマの販売手数料は販売価格の5%(2021年1月20より10%から5%に変更)です

この手数料は商品を出品して売れた時のみ販売価格から引かれます

 

この販売手数料を想定して価格をつけます

300円のものが売れたら

販売手数料30円が引かれて270円がになります

そしてさらに送料がひかれて、利益となります

 

出品するだけなら手数料はかかりません

価格は300円から30万円までつけることができます

送料込みの値段をつける

paypayフリマでは送料が出品者負担のみとなり

着払いは選択できません

必ず送料を入れた価格設定しないといけません

そしてその配送方法もpaypayフリマが指定するものしか選べず

商品が売れた後は配送方法を変更できないのです

※商品が売れた後、ヤフネコ!パックからゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)への変更、またはゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)からヤフネコ!パックへの変更はできない

出品商品を軽く梱包して

この表を見ながら送料を確認してみてくださいね

配送方法 料金 サイズ 重さ
ヤフネコ!パック ネコポス 195円 縦31.2㎝×横22.8㎝ 厚さ2.5㎝以内 ~1㎏
宅急便コンパクト    封筒型 380円+箱代70円 縦24.8㎝×横34㎝ 上限なし
宅急便コンパクト    箱型 380円+箱代70円 縦25㎝×横20㎝×厚さ5㎝ 上限なし
宅急便  60サイズ 700円 縦横高さの合計が60㎝以内 2㎏以内
      80サイズ 800円 縦横高さの合計が80㎝以内 5㎏以内
     100サイズ 1000円 縦横高さの合計が100㎝以内 10㎏以内
     120サイズ 1100円 縦横高さの合計が120㎝以内 15㎏以内
     140サイズ 1300円 縦横高さの合計が140㎝以内 20㎏以内
     160サイズ 1600円 縦横高さの合計が160㎝以内 25㎏以内
ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版) ゆうパケット 175円 3辺合計60㎝以内(長辺34㎝厚さ3㎝以内) 1㎏以内
ゆうパック 60サイズ 700円 縦横高さの合計が60㎝以内 一律25㎏以内
     80サイズ 800円 縦横高さの合計が80㎝以内
    100サイズ 1000円 縦横高さの合計が100㎝以内
    120サイズ 1100円 縦横高さの合計が120㎝以内
    140サイズ 1300円 縦横高さの合計が140㎝以内
    160サイズ 1600円 縦横高さの合計が160㎝以内
    170サイズ 1800円 縦横高さの合計が170㎝以内

送料をまとめたPDFはこちらです ↓

☆最新ペイペイフリマ送料 2020年2月改正

価格をつけ間違えた場合は販売価格よりも送料が高くなる可能性もあります

送料後日請求分として取引終了後に請求されますので注意してくださいね

価格交渉に対応できるように値段をつける

フリマアプリの醍醐味は価格交渉をして購入できることです

そしてこの価格交渉はかなりの頻度できます

paypayフリマには出品画面に「価格の相談」ボタンがあるのでそこから

価格交渉ができます

気軽に価格交渉できるので価格交渉してくる人が多いです

なので最初から価格交渉がくると想定して少し高めの価格をつけておくことをおすすめします

まとめ

paypayフリマで価格をつける時は

  • 販売手数料を5%を想定して価格をつける
  • 送料を想定して価格をつける
  • 価格交渉を想定して価格をつける

この3点に気をつけて価格をつけてみましょう

最後までご覧いただきありがとうございました

 

paypayフリマを利用するにはpaypayを登録しておくと

とっても便利ですよ!

paypayの登録がお済みでない方は是非登録してみてくださいね

iosの方はこちら↓

Androidの方はこちら↓

 

コメント