自分で自己肯定感を高める方法

セルフケア

こんにちは!節約大好き ついてるちゃんです。

節約生活を送るのに欠かせないのはメンタルの安定です

毎日時間に追われて子育てに家事に仕事に、毎日イライラしていませんか?

イライラした後はいつも自分を責めてしまっていませんか?

わたしもイライラしした後は後悔して自分を責めてばかりでした

他にも失敗したり、人から指摘されてすぐにへこんで自分を責めてしまうことないですか?

それがひどくなるとうつ病にもなってしまう可能性がります

そうならないためにも

今回はイライラして自分が嫌になる原因と対策についてまとめていきます

自分を責めてしまう原因は自己肯定感がもてないから

自分を責めてしまう原因はなんだと思いますか?

それは自己肯定感が低いからです

自己肯定感とは

どんな自分も受け入れ、自分に価値を感じ、どんな状況でも自分を許せる力

だとわたしは思っています

自己肯定感が低い人ほど自分をせめてしまう傾向にあるのです

自己肯定感が低いと

  • 不安や恐れを抱きやすい
  • 人と比べて落ち込む
  • 人の評価や顔色が気になる
  • 失敗を引きずり気持ちが切り替えられない

ということが起こってきます

自分が自己肯定感があるのか見分ける簡単な方法があります

あなたは自分が好きですか?

この質問にすぐに はい と答えられる人は自己肯定感が高いと思います

はい と答えられなくても10段階のうちどれくらい自分が好きでしょうか?

5以下だったあなたは自己肯定感が低いと思います

自己肯定感が低くなる連鎖

うつ病を繰り返していた自分に欠けていたのは自己肯定感です

わたしは自分が 生きていて良い人間 と思えないことがずっとつづいていました

自分は生きていて良い人間なんだと思えるのって当たり前で簡単なようでものすごく難しいのです

それは親からの愛情をうまく受け取れていたかによるのではないかと感じています

自分の親は親なりにかなり良くしてくれていたと思います

でもみんな個性があるようにその愛をうまくうけとれなかったり、親のがっかりした顔に敏感に反応するこどももたくさんいます

そしてそんな親も自己肯定感がひくくなるようにそだってきたのです

  • ぐずぐずしないで早くしなさい
  • 何度言ったら分かるの?

日常の何気ない会話でも傷つく子どもがいます

でもそんなことを言ってしまう自分を絶対にせめてはいけません

自分もそうやって言われて育ってきたのですから。

大切なことは

この自己肯定感が低くなる連鎖は早くとめてしまうことです

自己肯定感を高めるには自分にご褒美をあげる

自己肯定感を高めるには自分が幸せにならなければいけません。

自分が幸せになる?子どもを幸せにするんじゃなくって?って思っている方も多いと思いますが、子どもは親が幸せだと自分も幸せなのです

単純に考えて近くにイライラしている人がいたら嫌ですよね

ではどうやったら幸せになれるのか

それは自分にご褒美をあげることです

ささいなことで構いません。

子どもがいない時に贅沢なランチを食べに行く

いつもより高いコーヒーを買う

子どもを産んで子育てしていることは、命がけなのです。

当たり前だと思っているかもしれませんが、すごいことだと感じてください

そんな子育てをしているあなたはすごいのです

だから贅沢なランチやいつもよりちょっと高いコーヒーを飲むご褒美は当然です

むしろしてください

かならず自分へのご褒美と言って贅沢なランチやコーヒーを楽しんでください

自己肯定感を高めるには小さなできることを増やす

まずは小さなことから始めます

例えば電車でお年寄りがいたら席を譲ってあげある

落ちているものを拾ってあげる

とにかくひとからありがとうと言われると自己肯定感が高まります

人からありがとうと言われて自己肯定感を高めるのに、おすすめなのは

フリマアプリで不用品を売って稼ぐことです

なぜ?と思われるかもしれませんが、メルカリでは物を売って買ってもらった後にほとんどの方から ありがとう と感謝の言葉をもらえます

そういった小さなありがとうから自分の存在価値を見出しやすくなります

しかも断捨離になり、お金を稼げてしまいます

まさない一石三鳥です笑

自己肯定感を高めるには言葉を大切にする

実は言葉って大切なんです

ついてる ついてる っていうとほんとについてることが起こったりします

ほかにも、ありがとう あいしています 幸せ 許します

など声に出して言うだけでもいろいろと自分に変化が起きてきます

自己肯定感を高めるためには自分を許す

特に自己肯定感が低いと感じたら

自分を許すこと に専念してみてください

自己肯定感が低い人の多くが自分を責めてしまっています

  • 失敗したとき
  • イライラして人や物にあたってしまったとき
  • 人をきずつけてしまったとき

こんなことで失敗して自分はなんてダメやつなんだ。こんなすぐにイライラしたり、人をきずつけて最低なやつだ。

こんなわたしは生きている価値がない

こんなことが頭に浮かんできた場合は

  • 失敗しても良い。自分はダメじゃない。よく頑張った。
  • イライラしてもよい。それくらい忙しくがんばっているんだから。
  • きずつけようと思ってしたわけじゃない。でもいろんな人がいるから言葉には気をつけよう。勉強になったな。今回は誤って次から気を付ければよい

とにかく自分を否定せずに肯定してください

最初は難しく感じるかもしれませんが、どんな状況でも自分を責める言葉が頭に浮かんで来たら切り替える癖をつけてみてください

それでも難しく感じるかもしれません

その場合は失敗したとき、イライラしたとき、きずつけてしまったとき

頭の中だけでも誰かのせいにしてしまいましょう

口に出してしまうとまた自分をせめてしまうループにはまってしまいますので

  • あのひとがあそこで声をかけたから集中力がなくなって失敗したんだわ
  • あのひとのテンポが遅いからイライラしたんだわ
  • 自分は間違ったことは言ってないけどあのひとのとらえ方が悪いんだわ

最初は難しいです。わたしもなかなか気持ちが切り替わらずに苦労します。

だけど自分を責めてしまいやすい思考傾向があるということを知り、

その思考パターンを変えようと努力することでちょっとずつ変わってきます

最初はうまくできなくても、できない自分を許してあげましょう

まとめ

今回は自己肯定感についてまとめてみました。

下がってしまっている自己肯定感を上げるのは結構大変ですが、自分の思考パターンを変える訓練だと思って取り組んでみてください

思考パターンが変わっていくと、この世界は天国になります

人間の思考ってほんとにすごいと実感してます

とはいっても、わたしも気を抜いたり疲れたりした時また自分を許せない自己肯定感の低い自分が出没してきます。

なので睡眠はしっかりとって、子育ても家事も仕事も頑張りすぎずほどほどに。

できなくても許しちゃうという気持ちで毎日すごしてみてくださいね

最後までご覧頂きありがとうございます

あなたの一日が幸せでありますように

コメント