節約!今あるパソコンを処分せずにwindows10に変更

スポンサーリンク
パソコン

ワードプレスのテーマをcoccon

からJINに変更しようとおもって気が付きました!

windows7は対応していない

どうやらwindows7のサポートは2020年の春には終了

してしまうそうです

6年前くらいのパソコンですが

DTMソフトを使う目的で

おもいっきてCore i7を使っていたわたし

お店でwindows10対応の最新同スペック商品を探すと

12万円超えていました!

これは無理!となり

windows10に現在使用しているパソコンを

アップデートすることにしました

スポンサーリンク

アップデートに前に準備する流れ

●必要なもの

  • パソコン(windows10対応できるスペックのパソコン)
  • リカバリーディスク
  • 修復ディスク
  • 外付けハードディスク
  • USB(外付けハードディスクを使用する場合は不要です)

●流れ

  1. パソコンやパソコン内ソフトのスペックをチェック
  2. パソコンのバックアップ
  3. リカバリディスクや修復ディスクがない場合は作成する
  4. アップデート

自分のパソコンのスペックを確認するには

コンピュータから

システムのプロパティーを

選択して

クリックします

CPUやメモリなどがみれますので

そこで自分のパソコンのスペックを

確認してwindowやメーカーの

ホームページより自分のパソコンが

windows10に対応しているか

確認しましょう

●注意事項

パソコンがwindows10に対応していても

パソコン内に取り込んでいるソフトが

対応できていない場合がありますので

合わせて確認しておきましょう

アップデートの前にバックアップ

バックアップには

パソコン全体をコピーするようなバックアップ

する方法と

パソコンのデータの一部をコピーする方法

の2点あります

●パソコン全体をコピー

万が一windows10にアップロードした時

パソコンに異常が発生し

すべてのパソコン内の設定や

ソフトなどのデータが

きえてしまっても

そっくりそのままパソコンを現在の状態

に戻すことができます

注意点!

イメージをバックアップすることに

なるので個別にフォルダーを取り出したりは

できません

●パソコンのデータの一部をコピー

windows10に無事アップロードができたと

しても不具合でデータが消えてしまっている

ことがあるかもしれませんので

大切なデータなどはコピーをとっておくことを

おすすめします

アップデート後にはなにが起こるか

わからないので

パソコン全体をコピー

パソコンの一部のデータをコピー

する方法どちらも行っておくとよいかなと

思います

バックアップ方法

パソコンの一部をコピーするバックアップは

コピーしたいものの容量にあった

USBや外付けハードディスクやCD-R、DVD-Rなどに

いれるだけですが

パソコン全体をコピーするには

バックアップをとっていくようになります

まずはコントロールパネルをひらき

バックアップの作成をクリックします




まるごとバックップする場合は

システムのイメージの作成をクリックします

わたしは外付けハードディスクを

持っていたのでそちらに

チェックを入れました

DVDなどの場合は下をチェックします

DATAにはチェックが

はいっていませんので

任意でチェックします

バックップは大体2時間くらいかかりましたので

時間に余裕のあるときに行いましょう!

バックアップが終わると

システムイメージの作成の画面がでますので

同時にシステム修復ディスクも作成しておきましょう

さきほどのコントロールパネル>バックアップの作成より

システム修復ディスクの作成でできます

リカバリーディスク修復ディスク作成

リカバリーソフトがパソコンと一緒に

ついている場合がありますが

ついてない場合は自分で作成するようになります

作り方はお持ちのパソコンによって異なりますので

お持ちのパソコンの

マニュアルなどを確認して作成します

バックアップの時に

システムイメージをバックアップするときに

修復ディスクを作成していない場合は

忘れずに

修復ディスクも作成しておきましょう

1分ほどでできます

windows7からwindows10にアップデート

バックアップなど準備が整ったら

いよいよwindows10にアップデートしていきます

windows10ダウンロードなどと検索

するとマイクロソフトのページが

すぐにでてきます

そこで説明の通りにダウンロード

アップデートしていくことが可能です

コメント