ワイモバイルの契約中に注意したいこと

スポンサーリンク
スマホ

格安スマホ増えてきましたね!わたしもソフトバンクからワイモバイルに変えて月々のスマホ2台分利用のお値段が約1万円安くなりました

今回はワイモバイルを利用するにあたっての注意点や気になる点をまとめてみました!

スポンサーリンク

2年目からは1000円割引がなくなる

スマホプランで新規で契約すると基本料金から12ヶ月月々1000円引きなるワンキュッパ割が適用されます。

基本料金は3種類あります

スマホプランS2980円  スマホプランM3980円  スマホプランL5980円

料金の違いはギガ数の違いです。

この金額から12ヶ月間は1000円引きとなりかなりお安くスマホを使うことができます

しかしこの割引は1年間だけですので、注意が必要です。

すっかり忘れて2年目以降に料金があがったっとびっくりしないようにしましょう!

プラン変更はいつでもできるけど 残りデーター無料追加数と上限回数に気をつけよう

スマホプランの

スマホプランS2980円  スマホプランM3980円  スマホプランL5980円

はどのプランにも変更可能です

この時に1年間月々1000円引きになっているワンキュッパ割が解除されたり、することはありません。

おうち割光セットの割引家族割の割引が解除されることもなく、それぞれの変更したプランの割引が適用されます

気を付ける点は

変更した内容は 翌月1日から適用となる ことと 残りデーター無料追加数と上限回数 です

4/1に内容変更したら適用は5/1からとなります。

残りデーター無料追加数とは基本のギガ数を使い切った後の無料で追加できるデータの回数です。                                  1回500MBずつ追加できるので1GB無料でついてくるSプランの場合は残りデータ無料追加数は2回となります。                          追加していけばこの追加数は2回から1回、0回と減っていきます
 
上限回数とは手動でデータを追加することなく自動でどんどんギガ数を増量していくサービスです

契約から2年間(2019年4月現在)

スマホプランS 月々2GBにプラス1GB

スマホプランM 月々6GBにプラス9GB

スマホプランL 月々14GBにプラス21GB

プラスでギガ数が追加されます

例えばスマホプランSであれば残りデータ無料追加回数は2回となっています。確認方法はMy Y!mobile のアプリのホーム画面 ○月のご利用状況の中 のデータ通信料で確認できます

そのデータ通信料の右端にある もっとみる をタッチします ご利用状況をタッチします その画面の中のご利用状況の上限回をチェックします。

ここが2回となっていれば大丈夫ですが、3回以上になっていたら 上限回数を変更するをタッチして2回以下に変更しましょう

3回以上の場合、自動でどんどんデーターが加算されていき無料で使えるデータ量を超えても加算されていきます

その結果せっかくギガ数を抑えた安いSプランにしたにもかかわらず、Mプランより高くなってしますことがあります

家族割とおうち割でお得

ワイモバイルの割引は家族割おうち割光セット(A)があります

家族割は家族2人以上で契約した場合、全プラン月々500円引きになります

おうち割光セット(A)はソフトバンクのインターネットサービス Softbank Air かSoftbank光を契約した場合に適用されます

プランによって割引額が違います

スマホプランSの場合は月々500円引き  

スマホプランMの場合は月々700円引き

スマホプランLの場合は月々1000円引き

家族割とおうち割光セット(A)の割引はどちらか一方しか選べません。
Softbank Air かSoftbank光を契約しているなら、おうち割光セット(A) 契約していないなら家族割を選べば間違いないです

データ繰り越せないし分けあえない

ワイモバイルのデータ(余ったGB)は翌月に繰り越せません。

また家族同士で分け合うこともできません。

タブレットを契約するとタブレットには分け合えます

更新期間は3ヶ月

契約には更新月というものがありますね。更新月に解約すると解約手数料がかからないというものです。

ワイモバイルの更新付きは契約してから2年目です。

そして更新期間は3ヶ月ありますので、余裕をもって解約手続きできるのがありがたいです

まとめ

ワイモバイルに変えてみて分かりにくかった点をまとめてみました!

こちらは2019年3月の情報になります

プラン内容など変更があると場合がありますので

ワイモバイルで確認してみてくださいね

ワイモバイルについてのこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント