メルカリでの売り上げ金を現金で受け取るには200円かかる

スポンサーリンク
スマホ決済

2019年4月末からメルカリで売り上げ金を自分の銀行口座に振り込むのに200円の手数料がかかるようになりました

メルカリの売上げ金を現金で受け取るには必ず200円かかってきます

今回は振込み手数料200円を節約するために、メルカリで売上金をどう扱うのが得策なのか検証していきます

スポンサーリンク

銀行なら翌日に振り込まれるが手数料は200円かかる

売上げ金は現金でほしいけど手数料200円かかるのは痛いですよね

少し前まではどの銀行でも売上金1万円以上なら手数料無料で振込み申請ができていました

手数料無料で売上金が貯まったら振込み申請していた者にとってはかなり痛いです

1年間12回申請したら2400円も手数料がかかってしまうので、今後はしっかり売上金を貯めてから申請しようと思います

しかし貯めすぎてもたとえば不注意でペナルティーを科せられ売上金没収となることもあります

なのでほどほどに貯めてから申請をするのが得策かもしれません

銀行の振込みは翌日には振り込まれます

ゆうちょ銀行などは1週間ほど振込みまでにかかりますので翌日に振り込まれたい時は、お急ぎ便を利用してみましょう

ただしお急ぎ便を利用するとさらに手数料が200円かかりますのでゆうちょ銀行でお急ぎ便を利用して、振込み申請した場合は手数料が400円もかかってきてしまいます

売上げ金をメルカリ内で使う

手数料をかけずに売上金を使ってしまう手っ取り早い方法はメルカリ内で購入して売上金を使ってしまうことです

メルカリではびっくりするような低価格で出品している方もおり、化粧品などの消耗品を購入するのにもおすすめです

メルカリで購入するときの注意点をまとめたこちらの記事も合わせてご覧くださいね
 

メルカリ売上金をコンビニなどの店舗で使う

メルカリの売上げ金などの管理は株式会社メルペイというメルカリの子会社が担っています

その株式会社メルペイのスマホ決済サービスメルペイを利用してメルペイが使えるお店でメルカリの売上げ金が使えるのです

スマホ決済の方法は4通りあります

  1. メルペイ電子マネー
  2. コード払い
  3. メルペイあと払い
  4. ネット決済

店舗で使うのは

  1. メルペイ電子マネー
  2. コード払い

となります

メルペイ電子マネーは利用できないスマホ端末がありますがコード払ならどの端末でも利用できます

3.メルペイあと払いは翌月にまとめて支払いができるサービスです

メルペイ電子マネーやコード払いどちらにも対応しています

4.ネット決済はメルカリ以外でのWebサービスやオンラインショップなどで利用すできます

メルカリ売上金申請期限を無くす方法

メルカリでは売上げ金の申請期限というものがあります

期限は売上金が振り込まれてから18ヶ月(半年間)となっています

これまでに売上金を使うか、銀行へ振込みをしないと売上金没収されてしまうという恐ろしいことになります

この売上金申請期限を無くす方法は

2通りあります

  1. アプリでかんたん本人確認
  2. お支払用銀行口座を登録

1.アプリでかんたん本人確認

は自分の顔写真や免許証をメルカリアプリ画面に映し出し、認証を受けるものです

10分程度で登録でき、問題がなければ半日くらいで登録が完了します

こちらにアプリでかんたん本人認証についてくわしく書いてます

2.お支払用銀行口座を登録
自分の銀行口座を登録してメルペイ残高に銀行からお金をチャージしてメルカリ内やメルペイ対応の店舗で商品を購入できるように登録します
 
10分程度で登録でき、問題なければすぐに利用できます

まとめ

メルカリの売上げ金をお得に利用するには

  • 売上げ金をしっかり貯めてから銀行へ振り込む
  • メルペイを使ってメルカリ内や店舗、ネットショップで購入する
  • アプリでかんたん本人確認もしくはお支払用銀行口座を登録して売上金申請期限をなくす

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント