ブログで稼ぐ!googleアドセンス合格までにしたこと

スポンサーリンク
ブログ

ブログをはじめてすぐにgoogleアドセンスを申請してみました

1回目の無料ブログでは審査に落ちてしまいましたが、2回目はワードプレスでブログを作り合格できました

申請時は19記事(文字数約1000~3000字) 合格通知は24時間以内に来ました

1回目不合格時は不合格通知が来るまでに2か月ほどかかったのですごい差ですよね

無料で適当に作ったブログでは審査さえも遅れてしまい返って無駄な時間となってしまう可能性があるので

しっかり稼ぐ用のブログで申請することをお勧めします

スポンサーリンク

とりあえず書いたブログでは難しい

最初は独自ドメインをとってシーサーブログから申請しましたシーサーブログなら無料で独自ドメインをつかってブログを作れるからです

記事は8記事1000文字程度で申請したところグーグルさんから返事が来ない!

良いのか悪いのかわからずとにかく毎日1記事書くことを目指し30記事書いたところで2か月後やっと連絡がきました!

しかしながら

不合格!

当プログラムのご利用要件をみたしていないとのことでした

誰かのために役立つように書いたつもりだったのですがなかなか審査基準が厳しいのだなと感じました

しかも前は1つのブログで審査に通ればほかのブログでも審査不要でアドセンス広告をつけられていたみたいですが2019年3月現在は1つのブログにつきそれぞれ審査が必要です

なのでブログで稼ぐには独自ドメインをとりサーバーを借りてワードプレスで

ブログを立ち上げるのが一番早いのかなと感じました

不合格の原因をみつけよう!

グーグルさんからの不合格の問い合わせはできないのですが、不合格通知でヒントを残してくれています

私の場合は当プログラムのご利用要件を満たしていないとの理由で不合格となったと記載がありました

つまりはグーグルのプログラムポリシーをしっかり読み込みこんでプログラムポリシーを満たした記事を書きなさいとのことです

読み込んでみるとほぼグーグルのプログラムポリシーを満たしていないことに気が付きました

もちろん反社会的な記事や禁止されているアダルトやたばこ、酒の記事はかいていません。芸能人の写真など著作権、肖像権が発生するものものせていません

しかしながら記事の内容の未熟さ、レイアウトの見にくさ必須項目が抜けていました

まとめるとわたしの記事で抜けていたものは

  • 他にはない魅力的な記事
  • 魅力的なレイアウト
  • ナビゲーションバーやメニューバーの設置
  • ユーザーが入力できるコメント欄
  • 興味を引く独自のコンテンツ

かなと分析しましたグーグルさんがほしいのは上記を満たしユーザーの滞在時間が増えるようなコンテンツ作りができるブロガーです

特に独自性が求められており他にはない魅力的な記事をめざし記事を書くことです

最初のうちは難しいですよねでもそれを心がけて記事を書くことでわたしは合格できたので、意識することだけでも無駄ではないと思います

サーバーを借りてワードプレスでブログをつくる

無料ブログから脱してワードプレスでブログを作ることにしました

いろいろ悩むところもありますが多くのブロガーさんからの情報を頼りになんとかブログを立ち上げ

  • 他にはない魅力的な記事
  • 魅力的なレイアウト
  • ナビゲーションバーやメニューバーの設置
  • ユーザーが入力できるコメント欄
  • 興味を引く独自のコンテンツ

これを意識して作成してみたところ申請から約24時間後におめでとうございます!のメールが

アドセンス申請を試みてから3ヶ月目にやっと合格できました!

不合格だろうなと思っていたのでかなり嬉しかったです!

申請時は19記事(文字数約1000~3000字)できるだけ自分の体験談を盛り込み、自分がネットで調べても分かりにくかったり情報があまり出てなくて自分でどうにか解決できたような内容をかくようにこころがけました

1年間のサーバー代ドメイン名など合わせて約17000円ほどかかりました

このお金は断舎利などで稼いだお金なので投資ということで惜しみなく使ってみました

この投資が1年後どれくらいの成果がでるのか楽しみです

まとめ

グーグルアドセンスに合格するには!

  • ワードプレスで書いて申請する
  • 自分ならではの魅力的な記事をかく
  • 見やすいレイアウトにする
  • お問い合わせフォームやサイトマップ、プライバシーポリシーを設置する

審査が厳しいアドセンスに合格できれば自分のブログにも多少自信がもてます

そしてやっとブログで稼ぐスタートラインに立てた感じがします

審査に不合格でも申請は何度もできますのであきらめずにがんばって下さいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!

お互いにがんばりましょうね!

コメント