フリマアプリでの出品でしっかり商品説明した方が売れる

スポンサーリンク
フリマアプリ

フリマアプリで1000件以上取引してきて、売れるにはやはり商品説明が重要だと感じています

商品説明がしっかりしていないとコメントでやり取りしないといけません

このコメントのやり取りがないほうが売れやすいです

今回は商品説明がしっかりしていないと売れにくい理由と商品説明にどのようなことを記載したらよいか紹介していきます

スポンサーリンク

コメントのやり取りがめんどくさい

購入者の多くがコメントでのやり取りがめんどくさいと感じています

相手がすぐコメントを返してくれることは限りませんし、コメントしても返信がないこともあります

同じくらいの値段であればしっかり商品説明してあり、コメントで商品についてきかなくても分かる方が売れやすくなります

コメントを残したくない

コメントを残してしまうとコメント欄から他のユーザーが自分の出品画面に入ることができます

  • 自分の出品商品
  • 自分の評価

が取引相手以外の人にも見られる可能性があります

問題ないかもしれませんがあまり気持ち良いものではありません

これを嫌がってコメントを残したくない人もいると思います

わたしも何回かコメントを削除してくれと頼まれたことがあります

コメント出品者側からしか消すことができません

コメントすると他の人に購入されてしまう可能性がある

コメントを入れるといいねを付けている人にもお知らせされます

  • いいねをつけたのを忘れていた人
  • 購入を悩んでいる人

いいねをつけているほかのユーザーに売れる可能性をにおわせてしまうので、購買意欲をそそり他の人に購入されてしまう可能性が高まります

またコメントが付いている商品は注目が高まりますので、いいねを付けている以外のユーザーから購入されてしまうことも多いです

いいねがたくさんついているような商品にコメントすると他の人に購入される可能性が高まるのでコメントをするのを避けたい人は多いです

売れやすい商品説明とは?

商品説明はしっかり書いた方が良いですが、あまりにも長すぎるのも読むのが大変です

ポイントは

  • 的確な商品名
  • 商品のサイズ
  • 商品の状態
  • 商品のカラー

分かれば

  • 購入場所
  • 使用期間
  • 使い方

を記載してみましょう

的確な商品名  

商品名の箇所に商品名を入力すると思いますが、商品説明にも入れておきましょう

特にメルカリでは商品名を入力したにもかかわらず、その商品名で検索してもでてこないことが結構あります

商品のサイズ  

商品のサイズも写真では分かりませんのでしっかり説明文にのせましょう

洋服にはサイズが表示されているものが多いですがブランド独自のサイズ表記や外国のサイズ表記になっており、わかりにくい場合があります

わかりやすいS.M.Lどれ相当なのかを調べて、記載しておきましょう

特に洋服などは表示サイズは参考程度で載せて、平置きでよいのでしっかり測って記載しておくとコメントなしで売れやすくなります

商品の状態  

大切なのが商品の状態について記載することです

出品画面には商品の状態について選択する箇所がありますが、商品説明で細かい状態について記載しておきましょう

特に写真では写りにくい汚れや、使用感などはしっかり記載しておきましょう

説明不足だとフリマアプリでは取引後に評価をしますがそこで 悪い を付けられる可能性が高まります

 

商品のカラー

写真で商品の色が出せればよいですが、なかなか実物と同じ色を出せません

その時は写真より明るい色味なのか暗い色味なのかなどを記載しましょう

こちらも思った色と違ったとクレームになる可能性があります

特に黒や紺色、白やアイボリーなど写真では見分けがつかない場合がありますので、商品説明欄にしっかり記載しておきましょう

購入場所

ブランド品などは購入場所をしっかり記載しておくことが大切です。正規店で購入したことが分かれば安心していただけ、売れる可能性が高まります

使用期間

文章や写真だけだと商品の状態を説明するには限界があります

使用期間が分かれば、購入希望者も使用感の予測がつきやすくなります

使い方

家電などなら商品の使い方、洋服ならコーディネートの仕方などを記載しておくとかなり売れやすくなります

商品説明で書いてはいけないこと

商品説明の中で書いてはいけなことがあります

  • ノークレームノーリターン
  • 他ブランド品の羅列
  • 他出品者の出品画面のコピー

これらを記載してしまうことはフリマプリメルカリでは禁止されています

利用停止になるなどペナルティーを課せられてしまうことがありますので注意しましょう

ノークレームノーリターン

クレームも返品も受け付けたくないですよね

しかしこれは責任放棄ととらえられます。出品したこちらが悪い場合はきちんと返品に応じなければなりませんので記載してはいけません

他ブランド名の羅列

人気ブランドや出品商品ブランドと類似ブランド名を商品説明に記載しておくと、検索で出品した商品がひっかかりやすくなります

しかしこれは検索したユーザーを迷わせることになりますので他ブランド名は羅列しないようにしましょう

他出品者の出品画面のコピー

商品説明を入力するのは結構めんどくさいですよね

自分が出品しようとする商品と同じ商品が出品されていることがあります

他の出品者の商品説明をコピーして自分の出品画面に貼りつけたくなりますが、これも禁止行為なので絶対にしないようにしましょう

まとめ

フリマアプリで商品説明がしっかりしていないと売れない理由は

  • 購入者がコメントのやり取りがめんどくさいと感じている
  • 購入者がコメントを残したくないと感じている
  • コメントすると他の人に買われてしまう可能性が高まる

なので購入者がしっかり商品説明されてない商品を購入しにくいと考えられます

最低限商品説明に記載しておいた方がよい内容は

  • 的確な商品名
  • 商品のサイズ
  • 商品の状態
  • 商品のカラー

商品説明で記載してはいけないことは

  • ノークレームノーリターン
  • 他ブランド品の羅列
  • 他出品者の出品画面のコピー

商品説明をしっかりした場合はコメントなく即購入も増えますので是非しっかり商品説明してみましょう

最後までご覧いただきありがとうございました

売上アップのこちらの記事も参考にしてみてくださいね

コメント