結婚10年目で妊娠できた理由

スポンサーリンク
フリマアプリ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

わたしの人生の課題でもある妊娠することが結婚10年目にしてできました

8年ほどかけてタイミング法、人工授精、体外受精すべて行ったのに妊娠反応どころか着床すらしたことなく

漢方や鍼灸などにも頼ったけど全く着床できなかったわたしが

なぜ10年目にして自然妊娠できたのでしょうか?

本当に不思議だったので自分でも今までと何が違ったのか考察しました

参考になるか分かりませんが、なにか励みになったら幸いです

スポンサーリンク

10年間不妊治療で行ったこと

8年間不妊治療を行ってきました

もちろんお休みした期間もありますが、病院は4つも変えて通いました

最後は車で2時間ほどかけて病院に通っていました

  • 結婚してすぐに子宮内膜症チョコレート膿腫の手術
  • 旦那さんに勧められ不妊治療始める
  • 検査の結果自然妊娠は難しいといわれる
  • 人工授精は10回以上
  • 体外受精3回
  • 胚移植4回(すべて胚盤胞)

胚移植は4回も行いましたが、一度も着床できませんでした

着床に関する検査も実費で15万円かけて行いました

着床障害の治療も行い1年かけて慎重に胚移植のタイミングをみていました

医師から状態もよいとのことで4回目胚移植を行いましたが結果は全く着床できませんでした

死にたいくらい落ち込んだ後の奇跡

ここまでやったのに何も進歩がなく、さすがに心が折れてしまいました

少しは着床反応があればもう少し頑張れたかもしれないのですが、もう頑張れないと本当に毎日毎日泣いて過ごしていました

肺移植がわたしはとてもとてもつらかったのです。3回ダメだった時のショックが忘れられず、4回目も自分が大切な卵を壊してしまうような気がしてつらかったのです

わたしの中で受精卵は赤ちゃんだったのです

最後の胚移植でもつらくて涙を流しながら移植してもらっていました

自分でもだめだとわかっていたのかもしれませんね

旦那さんには申し訳ないけどもうがんばれないことを伝え不妊治療はもうしないということになりました

自分でも信じられなくらい落ち込んで、子どもを失うことはこんなにつらいのかと思いました。人生の中で一番辛かったです

旦那さんはあきらめてほしくなさそうでしたが。

不妊治療はもうしない宣言をし、毎日ないていました。

斉藤一人さんの

  • 愛しています
  • ついてる
  • うれしい
  • 楽しい
  • 感謝します
  • 幸せ
  • ありがとう
  • 許します

をなきながら唱えていました

めちゃくちゃ落ち込んでもうだめかと思った次の日、心が穏やかで生まれ変わったような感覚になりました

涙が出ることもなくなりました

今まで不妊治療のために我慢していたことをすべてした

不妊治療しない宣言してから不妊治療中にできなかったことをいっぱいしました

とにかくわくわくすることだけをしていました

  • フリマアプリで稼いだお金で毎月旅行へ行く
  • 飲み会に参加する
  • 遠方の友人に会う

周りが妊娠ラッシュだけど心が穏やか

不妊治療しない宣言をしてから周りがほんとに妊娠ラッシュでした

実の弟は2人目を妊娠してさらには不妊治療に励んでいた友人も妊娠、私に不妊治療について相談してきた年上の人もすぐに妊娠しました

今までなら落ち込むところまではいかないにしろ、心がわさわさとざわついていましたが、それらの話を聞いても、なんの感情もわかなかったのです

寂しくも、妬ましくも、うらやましくも、喜びもなにも沸かない完全に 無 でした。

妊娠できたと喜んでいる本人をみるとよかったうれしいと思いましたが、妊娠できたという出来事にはなんの感情も沸かなかったののです

これは人生の中で一番不思議な感情でした

老後の健康のためジムへ通い始めた

不妊治療はいろいろしましたが、ひとつしていないことが、身体を鍛えることでした

軽いウォーキングはしていましたが、がっつり筋肉をつけるということはしてきませんでした

妊娠には筋力も大切だと気にしていましたが、胚移植の時など筋トレをするのは躊躇されましたし、あまり身体を動かすのが得意ではなかったので避けていました

しかし不妊治療はあきらめた身だったので心置きなくジム通いをしようと思いました

きっかけは加齢による体の線のゆるみです

年をとっても健康できれいな体の線でいたいなという気持ちから筋トレのためにジムに通いました

また家のすぐ向かい側にジムがあったので毎日通って

下半身を中心に鍛え、終わってからは必ずサウナに入っていました

またヨガのクラスもあったので週3回以上はヨガもしていました

瞑想と野鳥観察で心が穏やかだった

ちょうど妊娠する前の2か月間ほど瞑想にはまり毎日朝起きて10分間瞑想していました

またコロナウィルスの影響でジムへ通えなくなり、仕方なくウォーキングをはじめました

その時両親がはまっていた野鳥観察にわたしもはまってしまい、ウォーキングして野鳥に癒され、毎日心が穏やかでぽかぽかしていました

ジムに通えないからといって今まで鍛えた筋力を落としたくなかったので自宅でも筋トレをしていました

食事にも今まで以上に気を遣うようになり、体重がジムに通っていた時より落ちました

そしてコロナの影響で仕事がお休みになり、旦那さんもリモートワークになり、仲良くオフィスのようにパソコンを向かい合わせて

旦那さんは仕事、わたしはブログの更新を毎日していました

こころもからだもとても穏やかで安定していました

妊娠について意識が全くなかった

妊娠について全く意識がありませんでした

基礎体温はおろか生理がきた日さえも2カ月間つけていませんでした

妊娠が分かった時も、あれ?最近生理がきてないような気がするって感じで、たぶん遅れているだけだけど試しに妊娠検査薬で検査してみよって感じで検査したら陽性反応でした

病院へ行ったときは心拍まで確認できていました

まとめ

今回自然妊娠は難しいと病院で言われたわたしが10年目にして妊娠できた理由を考察すると

  • 死にたいくらいめちゃくちゃ落ち込んだ
  • やりたいことをやった
  • 身体を鍛えて筋力がついていた
  • 妊娠について全く意識していなかった

なによりも

心の中が非常に穏やか

だったことが妊娠できた理由かなと思います

しかしながら不妊の原因は人それぞれ違うと思いますのでわたしのはほんの一例にすぎません

妊娠はほんと奇跡なんだと実感しています

旦那さんともなんで妊娠できたんだろうねって毎日言っています

今不妊治療されている方もお休み中の方、これから不妊治療される方に少しでも励ましになれば幸いです

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント