【2021年4月7日まで1年間無料】楽天モバイル楽天アンリミットⅥはどれくらいお得?

スポンサーリンク
フリマアプリ

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

節約生活では携帯料金の見なおしはかかせません

今回は今話題の格安スマホ 楽天モバイルについてどれくらいお得なのかまとめてみました

スポンサーリンク

料金が激安 1GBは0円 

楽天モバイルはとにかく激安です

楽天アンリミットⅤはギガ数無制限でかけ放題がついて2980円です

それが2021年4月から自動でアップグレードされたプラン楽天アンリミットⅥになります

このプランは使ったギガ数によって料金が決まります

1GBまでしか使用しなかった月は無料になります

楽天アンリミットⅥ
金額 0円 980円 1980円 2980円
ギガ数 1GBまで 3GBまで 20GB 無制限

20ギガ程度の他社の格安スマホプランと比較しても安いのが分かります

  アハモ 楽天モバイル ワイモバイル UQモバイル
金額 2700円 1980円 2980円 2480
ギガ数 20GB 20GB 15GB 15GB
楽天エリア外のパートナーエリアだと5GBまで利用可能。5GBを超えると低速1kbpsで使い放題になります

かけ放題までついてる

楽天の専用アプリ Rakuten Link から電話かけると通話料が無料になります

この通話はデータを消費せずに使えて日本国内はほとんどの電話番号へ無料でかけることができます

他社はかけ放題にするとオプションで2000円近くするのでかなりお得です

2021年4月7日までの申込で1年間無料

楽天モバイルのすごいところはなんといっても1年間無料なところです

データ使い放題で2980円が無料になるとすると

年間3万円以上の節約になります

当初300万人までで無料でしたが4月7日までの申込までに延長されています

低速時でも1Kbpsで使い放題

速度制限がかかった低速時でも1Kbpsありますので

ネットサーフィンや軽い動画なら見れます

ただしネットショッピングを閲覧したり、ラインで動画を送る場合は少し時間がかかります

マンションやアパートなどにフリーWi-Fiが付いている場合で、外出先でも1GB以下の利用の場合はプランがある限り無料ですね

テザリング無料

テザリングはほとんどの格安スマホに無料でついていますが

楽天モバイルにも無料でついています

パソコンやタブレットでも利用できるのでwifiを契約する必要がなくなりますね

Wi-Fiを契約している場合は解約すればかなりの節約になります

ネットでも店頭でも契約可能で5000P以上もらえる

楽天モバイルはネットでも店頭でも契約できます

楽天モバイルの店舗はほかのキャリアの格安スマホと違って少ないですところが難点でもあります

現在2021年4月7日までにネットでも店頭でもいいので楽天モバイルを申し込むと楽天ポイント5000Pがもらえます

さらに機種を購入すると最大で20000Pもらえます

機種によっては10000Pだったり15000Pだったりします

 

ただしネットからの申込だと

楽天会員の場合エントリーで2000P 楽天のゴールド会員だとさらに1200Pポイントが付与されます

 

店頭だと安心感があり、契約当日から使えるようになります

一方でネットだと時間の融通やきいたり、ポイントが多くもらえます

楽天ポイントが貯まる&使える&楽天市場の還元率アップ

楽天モバイルがすごいのは支払い金額100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まるだけでなく

支払いに楽天ポイントが使えてさらに使ったポイント分も含めて利用代金の1%のポイントが貯まる点です

そして楽天市場での還元率も1%(Spu+1倍と表示されます)アップします

楽天市場でポイントを貯め、そのポイントで携帯料金を支払えば実質携帯料金を無料にすることもできます

楽天回線エリア外では5GBまでしか利用できない

楽天モバイルにもデメリットがあります

最大のデメリットは楽天回線エリアでしかギガ数が使い放題にならない点です

楽天回線エリア外はパートナーエリアといってauの回線を利用し、5ギガまでしか利用できません

5ギガを超えると1Kbpsの速度制限がかかってしまいます

楽天回線エリアは2021年夏には96%をカバーする予定だそうですが、自分の住所は楽天回線エリアかどうか確認しておく方がいいですね

もし確認して2021年夏までに楽天回線開通予定なら4/7までの無料期間までに申し込むのもありですが

パートナーエリアのままだと当分は楽天回線にはならないと思うので契約するのは少し考えた方がいいかもしれません

iphoneはiphoneXS,SR以降のシリーズから利用可能

楽天モバイルが利用できる機種は楽天回線の対応のandroidの機種になります

基本iphoneの利用はおすすめされていませんが、XS,SR以降のシリーズからなら利用できます

iphoneの動作環境は補償されていないので基本自己責任で利用することになります

店頭で確認したところ

iphoneはXS,SRより前のシリーズは通話などの機能も全く使えないそうです

裏技で利用できる方法もあるようですが、操作もややこしいのでおすすめはしないそうです(当たり前ですが・・・)

またiphoneからだと楽天回線とパートナー回線の切り替えを自分でしないといけないので少しめんどくさい点があります

楽天回線エリアなのに切り替え忘れてパートナー回線の5ギガを使い切ってしまうこともあるので注意が必要です

まとめ

楽天モバイルではエリアによっては使い放題にならない点と、利用できるiphoneの機種が限られている点がデメリットになります

それでもおトクです

楽天回線エリアが生活範囲の人はかなりおすすめ

エリア外でも1か月5ギガまでしか使わない人や自宅のwifi環境が整っている人ならおすすめです

手数料もかからず解約することもできるので

気になる場合は1年間無料のキャンペーンが終了する2021年4月7日までに申し込んで試してみるのもありですね!

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント