【産後すぐ!】授乳の時に必要な必須アイテム

スポンサーリンク
マタニティー

こんにちは!節約大好きついてるちゃんです

出産準備品って多くてとっても大変ですよね

お店のパンフレットなどを見ているとあまりにも準備するものが多くてお金がいくらあっても足りません

今回は母乳育児するにあたって出産前から準備しておいた方がいいおすすめ品を紹介します

スポンサーリンク

乳頭クリーム

まずわたしが必要だったのは乳頭クリームです

これがないとほんとに乳頭が痛くて授乳できませんでした

病院の売店に売っていたので助かりましたが、なければ家族に買ってきてもらう必要があるほどでした

新型コロナウィルスの影響で病院に入れる人数が限られているのと

乳頭クリームという聞きなれないものを買ってきてもらうのはちょっと大変なので

事前に準備しておくことをおすすめします

カネソン ランシノー

ピジョンリペアニプル

メデラ ピュアレーン

乳頭保護器

乳頭保護器もないと乳頭が痛くて授乳できませんでした

病院にいる時は病院のを借りていましたが最初の授乳から激痛だったのと

乳頭保護器があると授乳がとってもスムーズでした

病院では メデラを使っていましたがちょっと固めでくわえさせるのにちょっと苦労しました

しっかりしているので乳頭の痛みはほどんど感じませんでした

ピジョンのものはやわらかめでくわえやすそうでしたが

うすめでちょっとたよりない感じはします

どちらも専用のケースがついており持ち運びも簡単です

さく乳器

さく乳器は使わなったというケースが多いと聞きます

看護師さんにも必要になってから購入すればよいといわれました

使うか使わないか分からないけれどあると安心感がありました

新生児のうちは母乳をすうのに体力がいるせいかすぐにねてしまう場合があります

そんな時さく乳器で母乳をとっておいて後から哺乳瓶であげることができます

ピジョンのさく乳器をつかっていましたが分解も組み立ても楽でおすすめです

 

消毒も

  • 煮沸
  • 薬液
  • 電子レンジ

に対応しています

付属品でピジョン母乳実感の広口哺乳瓶や乳首がついているのでそのまま授乳できます

ピジョンの母乳実感の広口哺乳瓶は2000円前後するので

最悪さく乳器を使わなくても哺乳瓶が使えるのでおすすめです

付属の哺乳瓶大活躍してます

哺乳瓶

哺乳瓶はどれを準備するか悩みますよね

産後は完全母乳になってもK2シロップという出血を止めるお薬を飲む場合が多いので哺乳瓶は1つは準備する必要があります

色々悩んだ結果 広口タイプのピジョン母乳実感の哺乳瓶になりました

これを一つ準備していても損はないと思います

かわいいデザインのものもあるのでおすすめです

160mlか 240mlで悩んだら240mlをおすすめします

新生児期は60ml飲むのもやっとですがあっという間に100ml以上飲むようになりました

ただし240mlの哺乳瓶には3か月からのMサイズの乳首がついているので、新生児用のSSサイズの乳首を購入しなければいけません

またピジョンの広口タイプの哺乳瓶の乳首は専用アダプターを取り付けると 明治ほほえみらくらくミルク缶 にそのまま取り付けて授乳でき、お出かけの時にかなり重宝します

明治ほほえみらくらくミルク缶はかなり便利なアイテムなので少し高めですが広口タイプのピジョンの母乳実感哺乳瓶を購入するのはおすすめです

ピジョン母乳実感

 

お安く済ませるたら乳首サイズ不要のchuchuベビーは乳首付きで母乳実感よりお安いです

どうしても経済的に済ますならchuchuベビーのスリムタイプの哺乳瓶を用意しておくのもいいですね

 

まとめ

今回は産後すぐ授乳時に必要になったアイテムです

わたしが事前に準備しておいてもよかったなと思ったものですので、中には不要な方もいるかもしれませんが

産後すぐはなかなか買い物にもいけませんし、買ってきてもらうのも分かりにくいものばかりだと思うので

産前に準備しておいてもいいかなと藻います

最後までご覧いただきありがとうございました

コメント